西武 日南市から肉40キロ差し入れ 田辺監督「来季は息切れすることなく…」

[ 2015年11月8日 11:20 ]

春季キャンプ地の日南市・崎田市長(右)から宮崎牛の贈呈を受ける西武・田辺監督

 宮崎県日南市南郷町で秋季キャンプ中の西武が、日南市から激励を受けた。崎田恭平市長から「日南でのキャンプで力を付けて、優勝を目指せるよう応援していく」と言葉が贈られ、宮崎牛10キロ、宮崎ブランドポーク30キロが贈呈された。

 田辺監督は「差し入れをいただいて力を付けて、来季は最後まで息切れすることなく戦い抜いて優勝したい」と応え、8年ぶりのリーグ制覇へまい進する。

 この日は今キャンプ初の対外試合である広島戦(南郷スタジアム)が予定されていたが、雨天のため中止された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月8日のニュース