危険なスライディングで物議…ドジャース アットリーと来季選択権行使せず

[ 2015年11月8日 05:30 ]

地区優勝決定シリーズのドジャース―メッツ戦で一走・アットリー(左)のスライディングで右腓骨を骨折した遊撃手テハダ(AP)

 ドジャースは球宴出場6度を誇る二塁手のアットリーと年俸1100万ドル(約13億5300万円)の来季契約選択権を行使しないと、複数の地元紙が報じた。

 36歳のベテランは8月にフィリーズから移籍も、34試合で、打率・202、3本塁打、9打点と振るわず。メッツとの地区優勝決定シリーズでは、危険な二塁スライディングが物議を醸していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月8日のニュース