大阪ガス酒居 16イニング連続無失点 中日絶賛「1、2位間違いなし」

[ 2015年11月8日 05:30 ]

スポニチ後援第41回社会人野球日本選手権第9日・準々決勝 大阪ガス3―1NTT東日本

(11月7日 京セラドーム)
 来秋ドラフト上位候補に挙がる大阪ガス・酒居が、また快投だ。最速147キロの直球を軸に7回を4安打無失点に抑えた。完封した1回戦の三菱重工長崎戦から、今大会は16イニング連続無失点となった。

 序盤は力みから制球がばらついたが、3回から下半身主導の投球スタイルに修正。「低めに球を集めることを意識しました」と凡打の山を築いた。中日の米村明スカウトは「コントロールに球の切れ、全てが良い。来年のドラフト1、2位は間違いない」と絶賛した。

 ▼NTT東日本・横山(広島ドラフト2位指名。この日は登板なく、今大会15イニング無失点で終了)投げたい気持ちはありましたが、点を取られなかったのは自信になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月8日のニュース