楽天ドラ5石橋 社会人初完封 Honda4強進出

[ 2015年11月8日 05:30 ]

スポニチ後援第41回社会人野球日本選手権第9日・準々決勝 Honda2―0日立製作所

(11月7日 京セラドーム)
 準々決勝4試合が行われた。Hondaは、先月のドラフト会議で楽天に5位で指名された石橋良太投手(24)が日立製作所相手に5安打完封勝利をマークし、チームを4強に導いた。今夏の都市対抗優勝の日本生命はNTT西日本、同準優勝の大阪ガスはNTT東日本に競り勝った。伯和ビクトリーズは日本新薬を下して初の4強入りを決めた。

 最後の打者を遊ゴロに打ち取ると、石橋は右拳を握りしめた。「調子は良くなかったけど点は取られないよう気をつけた」。これが社会人初完封。カットボールを軸に、最速144キロの速球とチェンジアップを投げ分け、被安打5。長谷川寿監督も「丁寧に投げていたので粘ると思った」と称えた。

 昨年の大会は2試合に先発したが、2回戦のJR東日本東北戦は9回途中で降板するなど、終盤に息切れすることが多かった。そのため、登板4日前から一定の練習メニューをこなすルーティンを取り入れるなど、メンタル面の強化が実った。

 「ドラフト後も今までと変わらない。一生懸命の投球をするだけ」。4強進出の原動力となったエースが狙うのは、30年ぶり頂点。日本一の称号を楽天への手土産にする。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月8日のニュース