イチロー 出来高9700万円ゲット 年俸3億3900万円以上に

[ 2015年8月31日 05:30 ]

<ナショナルズ・マーリンズ>2回、ラモスの右中間の打球をランニングキャッチするマーリンズのイチロー

インターリーグ マーリンズ1―5ナショナルズ

(8月29日 ワシントン)
 マーリンズ・イチローが23打席ぶりの安打を放った。4回先頭の第2打席、右腕J・ジマーマンの初球93マイル(約150キロ)を叩き右前へ運んだ。22日から続いた連続打席無安打を22で止め、この打席で今季350打席に到達。出来高80万ドル(約9700万円)のボーナスを確定させた。

 今季の基本年俸は200万ドル(約2億4200万円)だが、300打席以降は50打席ごとに40万ドルが加算される出来高が設定されている。80万ドルを加え、280万ドル(約3億3900万円)以上となることが決まった。

 守備では2回2死でラモスの右中間へ抜けそうな当たりをランニングキャッチ。背走しながら最後はジャンプしてつかむ美技で敵地のファンを黙らせたが、「僕からは何もないですよ」と敗戦に言葉少なだった。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月31日のニュース