原監督「カッカ」鬼采配 今季最大の逆転5点差ひっくり返した

[ 2015年8月31日 05:30 ]

<巨・中>8回1死、左越えソロを放った片岡を出迎える巨人・原監督

セ・リーグ 巨人9-5中日

(8月30日 東京D)
 今季最大の逆転劇だ。巨人は30日、中日に同一カ ード3連勝。5点を先制された直後の3回に5点を返し、5点差を逆転勝ちした。原辰徳監督(57)はバッテリーごと代える代打攻勢を仕掛け、隠善智也外野手(31)が今季初打席で値千金の同点2点打。5回に村田修一内野手(34)が勝ち越しの10号ソロを放った。これで日曜日の連敗も6でストップ。首位・阪神が2位・ヤクルトに敗れ、3位ながら1ゲーム差に迫った。

 やられたら、すぐにやり返す。5点差をひっくり返す今季最大の逆転劇。勝負どころを見極めた攻撃的采配が実った原監督は、いつになく舌も滑らかだった。

 「(5失点に)カッカした状態でクールダウンしないといけないと思ったところに、逆の意味(5得点)でカッカしてね。悪い血液と、い い血液が流れた(3回の)1イニングでした」

 5点を先制された3回。1死から片岡の左中間ソロを含む5連打などで3点を返した。なおも1死満塁。ここで原監督は早くも代打攻勢を仕掛けた。捕手の小林に代えてアンダーソン。空振り三振に倒れると、投手の田口にも代打を送る。今季1軍で初打席となった9年目の隠善を抜てきすると、フルカウントから一塁手のグラブをはじく内野安打を放ち2者が生還して同点に追いついた。

 序盤のバッテリー交代にリスクも伴う。捕手2人制を敷く巨人ではなおさらだ。小林に代わり、マスクをかぶった加藤に万が一のことがあれば「阿部しかいないでしょう。一番経験がある」と川相ヘッドコーチ。それでも指揮官は「5点のビハインドが最大のリスク。攻撃を重視した」と決断した。攻撃こそ最大の防御。迷いはなかった。

 原監督は、隠善を「打撃に関しては非凡。天才的」と評する。加えて「このところコンディションも良かった」と序盤の勝負どころで起用し、28日に昇格したばかりの隠善も応えた。オフの自主トレに同行している高橋由から助言も受け、クロス気味だったスタンスをオープンに変えた。腰のひねりが少なくなることで飛距離は落ちるが「ボールはよく見える。捉えやすくなった」と言う。その言葉通り、しぶとくチェンジアップを拾った。

 今季2戦2勝を許し、「巨人キラー」と呼ばれていた若松をついに攻略。5回に村田の一発で勝ち越すと、今度は一転して1点を守る継投策と守備固めに打って出た。6―5の7回2死三塁で宮国からマシソンにスイッチ。指揮官は平田との相性も加味し「マシソンで1点を守ることにした」。同時に左翼も亀井から、より守備力の高い鈴木に代えた。マシソンは平田を二飛に抑えた。

 攻める、守るという明確な意図のもと、緻密に計算されたタクトをふるった。日曜日の連敗を6で止め、首位・阪神に1ゲーム差。3球団が1ゲーム差にひしめく大混戦だ。前カードのヤクルト戦では3連敗を喫した。貧打に泣いたが、原監督は「そこから反省し、修正してこの3連戦を戦った」と目を細めた。

 1日からヤクルト2連戦(富山、金沢)。首位浮上へ、まずは2位を叩く。 (川手 達矢)

 ≪5点差逆転は昨年4月以来≫巨人は5点のビハインドをはね返し逆転勝ち。5点差以上の逆転勝利は今季初めてで、昨年4月2日DeNA戦(0―5→○15―9)以来になる。5回には村田が勝ち越しの10号。これで横浜に入団した03年から13年連続で10本塁打以上。入団1年目からの連続2桁本塁打記録は86~06年清原(西、巨、オ)の21年だが、現役で13年以上続けたのは他に阿部(巨)の15年がいるだけだ。今季の村田は10本塁打のうち中日戦で半数の5本。通算では50本目となり、ヤクルト戦の56本に次いで50本台に乗せた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年8月31日のニュース