巨人・片岡 5年ぶり2発 決めポーズは「控えめにね」

[ 2015年8月31日 05:30 ]

<巨・中>3回1死、左中間ソロを放つ巨人・片岡

セ・リーグ 巨人9-5中日

(8月30日 東京D)
 巨人・片岡が西武時代の10年以来5年ぶり3度目となる1試合2本塁打を放ち、打線をけん引した。

 5点を先制された直後の3回に1死から左中間席への7号ソロで反撃の口火を切り「強気で振りにいきました。勢いがついてよかった」。8回にも左越え8号ソロで貴重な追加点を叩き出し「(1試合2発は)覚えてないけど、こんな僕でもこういうことがあるのでうれしい」と喜んだ。

 嫌なムードを振り払う価値ある2発。ベンチでナインにハイタッチで迎えられた後は、テレビカメラに向かってチーム内で流行中の両手を広げる決めポーズをつくり「控えめにね」と笑った。残り21試合。32歳のムードメーカーは「もっとスーパースターが打つので、僕は陰でいい。最後まで振り絞っていきます」と気を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月31日のニュース