清宮「少し打ち損じた」初長打 9回5点呼ぶ10打席ぶり安打

[ 2015年8月31日 05:30 ]

<オーストラリア・日本>9回1死一塁、右翼線二塁打を放つ清宮

第27回WBSC U―18ワールドカップ・1次ラウンドA組 日本10―1オーストラリア

(8月30日 舞洲)
 清宮に待望の初長打が生まれた。3試合連続で「4番・DH」で先発。無安打で迎えた9回1死一塁で初球を引っ張り、痛烈な右翼線二塁打となった。

 この一打が一挙5得点の呼び水となり「少し打ち損じたかな。先っちょでしたけど、いいところに飛んでくれました」と10打席ぶりの安打に安どの表情を浮かべた。

 前日は3打数無安打。今夏の西東京大会からの連続試合安打が13で止まった。試合後、先輩から励ましの声をたくさんもらったが「いろんなことを言われすぎて覚えていないですけど」。ちゃめっ気たっぷりに苦笑いし、結果で応えてみせた。

 リトルリーグ世界選手権に出場中の弟・福太郎にも刺激を受けている。自身が出場して世界一に輝いた12年以来の世界一に王手をかけたことに「頑張っていますね。想像もつかなかった」と驚いた様子。常々、世界一を目指すと公言している16歳は「一番にならないと、何も残らない。ダブル世界一ですね」と兄弟そろっての快挙を目指す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月31日のニュース