専大松戸のプロ注目右腕・原 打で見せたランニング本塁打

[ 2015年7月21日 05:30 ]

<専大松戸・船橋芝山>ランニングHRを放ち生還する専大松戸・原

第97回全国高校野球選手権千葉大会4回戦 専大松戸4―3船橋芝山

(7月20日 QVC)
 打っても凄い。3―0の6回。1死走者なしで迎えた3打席目。2ボール2ストライクからの直球を専大松戸の6番・原が強振。「こすった」という打球がQVCマリンの左翼フェンスを直撃。ボールが返ってくる前に原は本塁を駆け抜けた。

 結果的に勝利を呼び込んだランニングホームラン。原は「チャンスをつくることだけ考えた」と笑顔で振り返った。

 最速148キロのプロ注目右腕が、この日はバットで魅せた。4回2死三塁では初球から右方向狙い。外角を待ちながら内角に来た球をさばいた打球が三塁を強襲し、適時打になった。

 3回戦の市川戦は3番手で3回2安打5三振の無失点。この日は先発の角谷が8回まで1安打無失点と好投したため登板なしも2安打3打点で勝利に貢献。日本ハム・上沢、楽天・美馬らを育てた名将・持丸修一監督が「本人は投げたくてうずうずしている」と話す原が、バットでベスト16進出をけん引した。 (君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月21日のニュース