吉見2回零封で開幕投手名乗り「見劣りするけど目指す」

[ 2015年2月25日 05:30 ]

<中・LG>練習試合に先発し、2回2安打無失点と好投した中日・吉見

練習試合 中日5―2韓国・LG

(2月24日 北谷)
 中日の吉見が今春初の対外試合となる韓国・LGとの練習試合(北谷)に先発し2回2安打無失点と好投。山井、大野らと争う開幕投手バトルにおいて好発進した。

 「無事に投げたことが一番よかった。ブルペンでやってきたことを全てじゃないけど、できた」

 テーマに掲げるのが、18・44メートルの中でいかに打者のタイミングを外すか―。「(球速が)140キロいかなくてもキレで勝負する。スピードへのこだわりは一切ない」。初回は打者3人をわずか6球で料理。2回はスライダー、フォークでともに三振を奪うなど、全球種を投げ反応を探った。

 ここ2年は右肘の不調に悩まされ、わずか1勝。「ここにいるってことはそういうこと。順調です」と話す表情は明るい。開幕カードで対戦する阪神の飯田正男スコアラーも「故障さえなければできると思う」と警戒した。

 「(山井、大野の)2人は去年実績があるけど、ぼくは何もしていない。見劣りするけど、目指してやっていく」。吉見が完全復活を遂げ、13年以来2年ぶりの「開幕投手」をつかみ取りに行く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月25日のニュース