黒田 フリー打撃初登板にセ5球団007集結「思った以上に球が動く」

[ 2015年2月25日 12:44 ]

復帰後初めてフリー打撃に登板した黒田

 広島・黒田博樹投手(40)が25日、フリー打撃に初登板した。キャンプ合流後、日本の打者に対して初めての投球で、ドラフト1位の野間、3年目の鈴木誠を相手に計35球を投げた。

 直球は4球だけ。カットボールやツーシームの“動く球”を内外角に投げ分け、スライダーやカーブの感覚も確かめた。ネット裏にはセ・リーグ5球団のスコアラーが集結。開幕カードで対戦するヤクルト・衣川スコアラーは「思っていた以上に球が動く。ツーシームは曲がりが遅い」と警戒を深めた。8年ぶり復帰で注目を集める背番号15。投球後には場内の観衆から拍手も巻き起こった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月25日のニュース