西武 2年目捕手の岡田が頭部死球で交代、病院で検査

[ 2015年2月25日 19:09 ]

 西武2年目捕手の岡田が練習試合のロッテ戦で頭部に投球を受けた。2回の打席で吉原の投球が後頭部付近に当たった。代走を送られて交代し、宮崎市内の病院で検査を受け、打撲と診断された。

 袴田ヘッド兼バッテリーコーチは「後頭部なので様子を見てやっていきます」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月25日のニュース