ラズナー、楽天国際スカウト就任へ 古巣ヤ軍とのパイプ注目

[ 2014年12月16日 06:11 ]

楽天国際スカウトに就任するラズナー

 楽天が、昨オフに自由契約にしたダレル・ラズナー投手(33)と、来季から国際スカウトとして契約を結ぶことが15日、分かった。近日中に発表される。

 ラズナーは09年から楽天に加入。11年に先発から中継ぎに転向し、昨年は不振の青山に代わり、抑えに定着して17セーブを挙げた。しかし、初優勝を目前とした8月末に右肘を痛め、9月に帰国。右肘じん帯修復手術で全治約1年と診断された。

 ラズナーは現役復帰を目指して懸命なリハビリを続け、球団幹部に「もう一度楽天で投げたい。肘が治ったら、テストを受けさせてほしい」と訴えていた。しかし、球威が戻らず、現役引退を決断することになった。

 球団は在籍時からラズナーの紳士で真面目な人間性を高く評価。さらにヤンキースに在籍した経験を踏まえ、メジャーでの人脈にも着目した。ヤ軍からは12年オフにジョーンズとマギー、昨オフもユーキリス、今オフも内野手のウィーラーを獲得。ラズナーが国際スカウトに就任することで、さらにヤ軍とのパイプが太くなりそうだ。

 ◆ダレル・ラズナー 1981年1月13日、米国ネバダ州生まれの33歳。02年にドラフト2巡目でエキスポズに入団。06年からヤンキースで活躍し、メジャー通算41試合で9勝15敗、防御率5・00。09年から楽天入りし、通算158試合で14勝27敗40セーブ、防御率4・17。1メートル91、95キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年12月16日のニュース