“ペヤング大好き”坂田 販売休止に落胆「買えずさみしい」

[ 2014年12月16日 05:30 ]

所沢警察署一日署長を務めた西武・坂田(左端)は、所沢小の子どもたちとライオンズのLマーク

 西武の坂田が所沢警察署一日署長を務め、所沢・プロぺ通りをパレードした。「左のおかわり」の異名を取る長距離砲は、虫の混入が指摘されて生産と販売休止が発表されたカップ麺「ペヤングソースやきそば」の大ファン。多い時は週3個超大盛を食べてきただけに「もう買うことができず、びっくりしました。さみしい」と悲しんだ。

 6年目の今季は開幕前に左肩を脱臼し4月に手術。プロ入り後初めて1軍出場がなく「来季は本塁打を量産したい」と復活宣言するとともに「ファンは1日も早いペヤングの復活を望んでいます」と訴えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月16日のニュース