巨人・松本哲は200万円ダウンで更改、来季は原点回帰バット

[ 2014年12月16日 14:14 ]

契約更改を終え、記者会見する松本哲

 巨人の松本哲也外野手(30)が16日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円減の年俸3000万円で更改した。

 今季は75試合に出場し、打率・275、3打点、0本塁打。華麗な守備でチームを救い、第4回の『ジョージア魂賞』にも選出され「打席数や試合数は少なかった。その中でも守備で評価して頂いた」と振り返った。

 来季は2009年に新人王を獲得した当時に使用していたバットに戻して臨む。長さも約2センチ長くなり、芯の部分は少し細くなるという。「1回リセットするという意味でも原点に戻ってやる。レギュラーを獲ってもっと試合に出たい。課題は打撃の部分なので、波をできるだけなくなるようにオフはバットを振り込みたい」とレギュラー奪取へ闘志を燃やした。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月16日のニュース