明大継投はまり先勝 1年生左腕・斉藤が好救援でリーグ戦初勝利

[ 2014年9月20日 14:38 ]

<東大・明大>明大2番手で登板した斉藤

東京六大学野球秋季リーグ戦 明大6―3東大

(9月20日 神宮)
 明大が東大に先勝した。5回から2番手で登板した斉藤は2回1安打3奪三振無失点でリーグ戦初勝利をマーク。桐蔭学園(神奈川)出身の1年生左腕は「自分が投げるときは0で抑える意識で投げている」と振り返った。

 8回からは今秋ドラフト候補の山崎が2回2安打1失点。「球質やキレの部分で自分ではもっと行けるかなと。全員で優勝したい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月20日のニュース