日本ハム 球団史上4度目の全員三振 メンドーサ援護できず

[ 2014年9月20日 05:30 ]

<楽・日>6回1死三塁、大野のスクイズバントはファウルに

パ・リーグ 日本ハム0-1楽天

(9月19日 コボスタ宮城)
 日本ハム打線が則本にひねられた。

 5回までは出塁すらできず、6回に谷口のチーム初安打となる二塁打とバントで1死三塁の先制機をつくったが、大野がスクイズを失敗するなど最後まで決め手を欠いた。球団史上4度目となる全員三振で計13三振を喫し、8回途中まで投手戦を演じたメンドーサを援護できなかった。栗山監督は「いい投球をしていたから勝たせてあげたかった。メンドーサに申し訳ない」と右腕にわびた。

 ▽全員三振 日本ハムが楽天20回戦(コボスタ宮城)で打者9人が則本から計13三振を喫して記録。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月20日のニュース