マー君28日も登板予定 指揮官「全てがうまくいけばもう一度」

[ 2014年9月20日 08:31 ]

キャッチボールをするヤンキース・田中

 ヤンキースのジラルディ監督は19日、田中将大投手(25)が右肘の故障からの復帰戦となる21日(日本時間22日)のブルージェイズ戦を問題なく終えれば、27日(同28日)に敵地ボストンで行われるレッドソックス戦に登板させる方針を明らかにした。レギュラーシーズンは28日に終了する。

 ニューヨークでのブルージェイズ戦前に記者会見したジラルディ監督は「(21日の)投球内容とその後の様子を見てからになるが、全てがうまくいけばもう一度投げさせる」と話した。

 右肘靱帯の部分断裂で故障者リスト入りしている田中は21日に75日ぶりにメジャーのマウンドに上がる。登板は70~75球がめどになる。19日はキャッチボールとランニングで汗を流した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月20日のニュース