球児、久々登板で1回無安打無失点 チームは大敗

[ 2014年9月20日 07:52 ]

ドジャース戦の7回に登板し、1回を無安打無失点のカブス・藤川

ナ・リーグ カブス5―14ドジャース

(9月19日 シカゴ)
 カブスの藤川は19日(日本時間20日)、ドジャース戦で3―14の7回に5番手で登板し、1回を無安打無失点、1三振1四球で勝敗は付かなかった。防御率は5・25。チームは5―14で敗れた。

 藤川は7回に投げて1回を無難に抑えた。先頭打者を四球で歩かせたものの、1番ゴードンは落ちる変化球で空振り三振。2番プイグは伸びのある速球で詰まらせて二ゴロ併殺打に打ち取った。

 10日を最後にマウンドに上がってなかった。試合前には調整の難しさについて「調子は良かったり、そうじゃなかったり。やるべきことだけはしっかりやっています」と語っていたが、きっちりと好結果を残した。

 チームは大敗。3時間半を超える長時間の試合の後は報道陣に対応せずに球場を後にした。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月20日のニュース