糸井 自己最多タイ17号も空砲「残念」 ゲーム差縮められず

[ 2014年9月20日 05:30 ]

<ロ・オ>6回2死二塁、糸井は右中間に2ランを放つ

パ・リーグ オリックス2-4ロッテ

(9月19日 QVC)
 痛恨としか言いようがない黒星だった。首位のソフトバンクが西武に敗戦。オリックスはゲーム差を縮める絶好機を逃した。

 ソフトバンクに連勝した勢いを、成瀬にかわされた。6回に糸井が昨年の自己記録に並ぶ17号2ランを放ったが、追い上げもここまで。「取っていたら大きいゲームだったのに残念」と糸井も悔やむしかなかった。

 当日に急きょ予定を変更して駆け付けた宮内義彦オーナーも無言で帰路に。森脇監督は「目が悪いから、(電光掲示板に出たソフトバンクの)途中経過は見ていない。言葉が見つからないほど悔しいが、明日もある」と再出発を誓ったものの、残り試合は少なく、いよいよ剣が峰だ。

 ▼オリックス・比嘉(33試合連続無失点で、リーグ記録にあと1試合となり)投げた試合は全部抑えたいが、記録は全く考えていないです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月20日のニュース