山本昌の意外な記録 歴代投手最多の153犠打

[ 2014年9月20日 06:55 ]

犠打を決める山本昌(13年6月30日撮影)

 投げるたびに日本記録を更新する男・山本昌。49歳0か月で迎えた9月5日の阪神戦で今季初登板を果たし、浜崎真二(元阪急)が1950年に達成した48歳4カ月の「最年長勝利記録」を64年ぶりに更新。さらに14日のヤクルト戦にも先発し、自身の持つ「最年長出場記録」を49歳1カ月に更新した。

 今後も登板するたびに「最年長出場記録」を、そして勝っても負けても「最年長勝利投手」と「最年長敗戦投手」を更新し続けることになるのだが、意外に知られていない「歴代最多記録」もある。

 その記録とは、プロ野球歴代投手のなかで史上最多となる「153犠打」という数字だ。

 実はこの「153犠打」というのは、投手という枠組みを外してもかなりすごい成績だ。野手を含めた現役選手の中では現在14位。しかも、150犠打以上を記録した16選手のうち、通算試合数が1000試合以下なのは207犠打の日本ハム・大引啓次(887試合出場)と、152犠打の西武・渡辺直人(852試合出場)、そして153犠打の山本昌(588試合出場)の3人だけなのだ。

 ちなみに、150犠打には届いていないが、現役選手で17位につけているのが中嶋聡(日本ハム)で148犠打。山本昌とほぼ同じ犠打数だが、中嶋聡の通算出場試合数は1548試合。つまり山本昌は、約1000試合も少ない出場数で同じ量のバントを決めてきたことになる。それだけ、バントミスが少ないことの証でもあるといえるだろう。山本昌は、実は隠れたバント職人だったのだ。

 山本昌がこれまで成し遂げてきた200勝やノーヒットノーラン、そして史上最年長記録といった派手な偉業ももちろん語り継いでいくべき記録だ。だが、通算犠打数のような地味な記録にもしっかり光りを当てていくべきだろう。(記録は9月19日現在)
(週刊野球太郎編集部)

 ▼スマートフォンマガジン『週刊野球太郎』(http:/yakyutaro.jp)では、深く踏み込んだユニークな情報を野球ファンの皆さんへお届けしています! 9月の特集はプロ野球2014【終盤戦】観戦ガイド! これを読めば、今のプロ野球が存分に楽しめます! また、甲子園だけでなく、地方大会も振り返る雑誌『野球太郎No.011~2014高校野球夏の思い出号』が好評発売中です。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月20日のニュース