明徳・岸は8回無安打投球 5年連続夏切符へ死角無し

[ 2014年7月7日 06:45 ]

練習試合 明徳義塾7―0済美

(7月6日 済美球技場)
 明徳義塾のエース岸が8回無安打の快投を披露した。疲労性の右肘痛で約3週間ぶりの実戦登板だったが、カットボールを効果的に織り交ぜて的を絞らせなかった。直球の最速はこの日の安楽をしのぐ140キロ。許した走者は三失と四球の2人だけで、「思い通りの球はまだですが、抑えることができた」と振り返った。打線も安楽から2本塁打を含む計13安打。5年連続の夏切符へ死角は見当たらない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月7日のニュース