ヤクルト・石川“出直し登板”で「冷静になって投げたい」

[ 2014年7月7日 15:37 ]

 8日の中日戦(神宮)に先発するヤクルト・石川が7日、神宮室内練習場で調整した。

 前回登板した1日阪神戦(倉敷)では4回途中10安打10失点でKOされており「カッカしていた。冷静になって投げたい」と話した。

 今季は2度の完封勝利をマークしている一方で、大量失点しているケースも目立つ。「長いイニングを投げて相手より1点でも少なく抑えたい。シーズンまだ半分。これからなので、もっと白星をつけられるようにしたい」と誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月7日のニュース