ア・リーグ指揮のファレル監督 上原は代替の最有力候補と明言

[ 2014年7月7日 11:11 ]

 米大リーグのオールスター戦でア・リーグを指揮するレッドソックスのファレル監督は6日、選出された投手に欠員が出た場合、レッドソックスの上原浩治投手が代替要員の最有力候補であることを明らかにした。

 例年、選手の入れ替えは頻繁に行われており、今回も上原が選ばれる可能性は高い。ファレル監督は「コウジはオールスターにふさわしい活躍をしてきた」と評価した。

 上原は「まだ選ばれていないので、明日からの試合の方に集中する」と話した。

 日本人選手が3人出場となれば、03年のイチロー、長谷川滋利(ともにマリナーズ)、松井秀喜(ヤンキース)、07年のイチロー、斎藤隆(ドジャース)岡島秀樹(レッドソックス)以来3度目のことになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月7日のニュース