黒田 6回途中4失点も大量援護受け「きょうの内容で勝てたのは大きい」

[ 2014年7月7日 08:15 ]

ツインズ戦に先発したヤンキース・黒田(AP)

ア・リーグ ヤンキース9―7ツインズ

(7月6日 ミネアポリス)
 米大リーグ、ヤンキースの黒田は6日(日本時間7日)、ミネアポリスでのツインズ戦に先発し、5回2/3、105球を投げて7安打4失点ながら今季6勝目(6敗)を挙げた。

 黒田は「あまりボール自体も走ってなかった」と語っていたが、3回までは無失点。だが、4回1死二塁からアレシアの打球を処理した黒田が一塁へ悪送球(記録は安打)し、二塁走者が生還するなど、この回4失点。「バットの先に当たって、ボールの革がめくれていたのが見えていた。投げようか投げまいか迷った」と悔やんだ。

 だが、それでも6回途中まで粘り、自身の勝率も五分に戻した。初回に2点、2回に4点と序盤から大量得点で援護した打線に対し「勝てて良かった。早い回からたくさん点を取ってもらったのが、きょうの状態でも勝てた要因だと思う」と語った。

 前回登板では8回2失点と好投しながら敗戦投手になったが、この日は逆に4失点でも白星を手に。防御率は4・20に下がったが「きょうの内容で勝てたのは大きい」と語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月7日のニュース