マー君にプロスポーツ大賞 殊勲賞にボクシング山中ら

[ 2013年12月27日 17:55 ]

日本プロスポーツ大賞に選ばれ、あいさつする楽天の田中将大投手

 日本プロスポーツ協会は27日、2013年日本プロスポーツ大賞に、プロ野球楽天が初の日本一に上り詰める原動力となった田中将大投手を選出し、東京都内のホテルで授賞式を行った。

 初受賞の田中は24勝無敗1セーブと驚異的な成績を残し、史上初めて無敗で最多勝を獲得。沢村賞やリーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。新ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指す田中は授賞式後の記者会見で「来季もどこであれ、自分の技術を向上させていけるように、日々刺激を受けながら頑張りたい」と力強く語った。

 殊勲賞には、創設9年目で初のパ・リーグ制覇と日本一を果たした楽天、世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者でことしの3度の防衛戦を全てKO勝ちした山中慎介、大相撲で7年連続年間最多勝の白鵬が選ばれた。セ・リーグの最多勝と新人王に輝いたヤクルトの小川泰弘投手には最高新人賞が贈られた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月27日のニュース