DeNA山口 出身地で一日署長 年末年始の防犯呼びかけ

[ 2013年12月27日 16:11 ]

大分県警中津署の一日署長を務め、敬礼するDeNAの山口俊投手

 プロ野球横浜DeNAベイスターズの山口俊投手(26)が27日、出身地の大分県中津市で、中津署の一日署長を務めた。JR中津駅で市民らにチラシを配り、年末年始の防犯や暴力団追放を呼びかけた。

 警察官の制服を着て安部一二三署長から委嘱状を受け取った山口投手は、ユニホームに着替え防犯活動の「始球式」に参加。打席に立った署長を相手に力強い球を投げ込むと、署員ら約60人から歓声が上がった。

 市民らの握手や記念撮影の求めにも笑顔で応じた山口投手は「人生で一度あるかどうかの貴重な経験をさせてもらった。来季に向け初心に戻れた」とさわやかな表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月27日のニュース