米メディア マー君ヤンキース入りなら「先発ローテ1番手」

[ 2013年12月27日 05:30 ]

表彰を受けた田中(右)は阿部(左)、白鵬(手前)らと笑顔で乾杯

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)は、レッズなどでGMを務めたジム・ボーデン氏が、新ポスティング・システムでの大リーグ移籍を目指す田中将大投手(25)について「田中の移籍先にふさわしいベスト5」を選定。

 1位にヤンキースを挙げ「先発ローテーションの1番手になれる。少なくとも引退したペティットの代役は務まる」と解説した。2位以下はエンゼルス、レンジャーズ、ドジャース、ブレーブスと続いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年12月27日のニュース