Dバックス マー君開幕投手任せる 究極エース待遇で口説く

[ 2013年12月27日 05:30 ]

表彰を受けた田中(右)は阿部(左)、白鵬(手前)らと笑顔で乾杯

 2014年開幕投手だ!新ポスティング・システムでの大リーグ移籍を目指す田中将大投手(25)に、ダイヤモンドバックスが破格のエース待遇を用意していることが25日(日本時間26日)、分かった。ダ軍は3月22、23日(同23、24日)にオーストラリア・シドニーで行うドジャースとの開幕2連戦の初戦先発として期待。日本人ルーキーが大リーグ全体の開幕戦に先発すれば、史上初の快挙となる。この日、田中は都内ホテルで行われた報知プロスポーツ大賞授賞式に出席した。

 米球団と田中の交渉が米東部時間26日午前8時(日本時間26日午後10時)、解禁された。早くも活発に動いていたのがダイヤモンドバックスだ。

 田中について新ポスティング・システムでの申請が全30球団に通知された25日。クリスマス休暇のため、米国中のオフィス機能は停止していた。が、ダ軍のケビン・タワーズGMやデレク・ホールCEO(最高経営責任者)らは頻繁に電話で「作戦会議」。球団関係者も情報収集に奔走しながら解禁日を迎えた。

 新制度では譲渡金を支払う意思のある全ての球団との交渉が可能。契約が成立すれば、楽天に譲渡金の上限2000万ドル(約21億円)が支払われる。ドジャースやヤンキースが本命視される中でも、ダ軍の鼻息は荒い。大リーグ関係者は「ダ軍はエースとして迎え入れる構えでいる。それほど本気で獲りにいっている」と明かした。交渉材料の最大の目玉として、3月22日(同23日)に行われる2014年メジャー開幕戦先発の座を用意しているというのだ。

 野球の世界普及を目指す大リーグは、日本でもこれまで4度、メジャー開幕戦を実施。来季は初めてオーストラリアで行われる。08年の東京開催ではメジャー2年目のレッドソックス・松坂(メッツからFA)がアスレチックス戦で開幕投手を務めた。野茂と黒田もシーズン初戦の先発経験があるものの、日本人の新人開幕投手は過去に例がない。契約が6年総額1億ドル(約105億円)にも達すると言われる男にふさわしい名誉だ。

 田中を視察してきたダ軍のクレイグ・シップリーGM補佐は「メジャーでもエース級になれる素材」と絶賛。タワーズGMも今オフ「田中を最優先に考えている」と言い続けてきた。11年オフにはダルビッシュ(日本ハム→レンジャーズ)や、ドジャースからFAになった黒田(ヤンキース)を熱心に調査。日本人投手を高く評価している。

 さらなる好材料は、タワーズGMが、田中の代理人に内定しているケーシー・クロース氏と旧知の間柄であることだ。ヤ軍のジーターらを顧客に持つクロース氏は、11年途中からダ軍に在籍する強打の二塁手ヒルの代理人も担当。ヤ軍などに負けじとパイプもある。

 米東部時間の来年1月24日午後5時(同25日午前7時)までの30日間が交渉期間。ダ軍は01年以来、世界一から遠ざかっている。最大20球団が参戦する争奪戦で、究極のVIP待遇を携えて24勝無敗右腕の懐に飛び込む。

 ▽ダイヤモンドバックス 98年に球団創設、本拠地はアリゾナ州フェニックス。ナ・リーグ西地区に所属し、プレーオフ出場5回でリーグ優勝1回、ワールドシリーズ制覇1回。今季は81勝81敗で地区2位。本拠球場はチェース・フィールド(4万8633人収容)で開閉式の屋根付き。来季も就任5年目のカーク・ギブソン監督が指揮を執る。これまで所属した日本選手は、12年の斎藤隆(現楽天)だけ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月27日のニュース