香川、愛ちゃん、井岡…世界で活躍するマー君世代

[ 2013年12月27日 05:30 ]

壇上で阿部(左)と笑顔で談笑する田中

 ≪世界で活躍するマー君世代≫

 ☆香川真司(サッカー)10年からドイツ・ドルトムントでプレーし、12年にイングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッドに移籍。日本代表として国際Aマッチ通算53試合で16ゴール。

 ☆福原愛(卓球)04年アテネ五輪から3大会連続でオリンピック代表。12年ロンドン五輪では、日本卓球界史上初の女子団体で銀メダル。田中とは同じ88年11月1日生まれ。

 ☆井岡一翔(ボクシング)11年にWBC世界ミニマム級王座を獲得し、昨年6月には日本人初の同級WBC、WBA世界王座統一を達成。その後、ライトフライ級に転向し2階級制覇。

 ☆福島千里(陸上)08年北京五輪で日本女子として56年ぶりに100メートルに出場。日本陸上短距離界の女王として16年のリオ五輪で3大会連続出場を目指している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月27日のニュース