宮内コミッショナー代行“ホッ” 問題点も指摘

[ 2013年12月27日 05:30 ]

コミッショナー就任が決まり、抱負を語る熊崎氏。右は宮内コミッショナー代行

臨時オーナー会議

 宮内義彦コミッショナー代行(オリックス球団オーナー)は熊崎氏就任に胸をなで下ろした。

 加藤コミッショナー辞任以降、オーナー会議議長として2カ月にわたって「代行」を務め、新コミッショナーの人選を調整。今回のオーナー会議では組織改革や市場拡大などNPBの問題点を提起した。コミッショナーは日本野球機構の会長を兼務するが、その二重構造も問題となっており「新コミッショナーには組織改革を期待する」と話した。また会議では専務理事職の設置も議論され、人選を進めることになった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月27日のニュース