イチロー WBCの広がり喜ぶ「3回目で着実に前に進んでいる感じ」

[ 2013年3月20日 17:36 ]

オープン戦 ヤンキース1―4フィリーズ

(3月20日)
 ヤンキースのイチローは19日、フロリダ州クリアウオーターでのフィリーズ戦に「3番・左翼」で出場し、3打数1安打1打点だった。

 内容は捕邪飛、左中間二塁打(打点1)、三飛で7回の守備から退いた。

 4回1死二塁で昨季11勝のケンドリックから二塁打。甘く入ったスライダーをたたいて左中間を割り、二塁走者の快足ガードナーをかえした。

 この日はWBC決勝。チームのラテン系選手たちが盛り上がっている様子を見て「みんなすごく気持ちが入っていた。それを自分も見てうれしかったし、(大会が)3回目で着実に前に進んでいる感じがした」と笑顔だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年3月20日のニュース