PR:

侍監督人事は白紙…加藤コミ 山本監督には「協力してもらいたい」

サンフランシスコ空港へ向かう山本監督(右は加藤コミッショナー)

 加藤良三コミッショナーは18日(日本時間19日)、WBCで日本が敗退したことを受け、今後の代表監督人事について「どういう試合をいつやるかという企画が決まってから。まず人を選考する、というのは考えていない」と現段階では白紙であるとの見解を示した。

 一方で、4強入りという結果を残した山本監督については「非常によくやっていただいた。感謝と敬意を表したい」と評価。連覇した過去2大会を指揮した王貞治(ソフトバンク球団会長)、原辰徳(巨人監督)両氏の名前も挙げ「(3人には)侍ジャパンにいずれかの形で協力してもらいたい」と付け加えた。

 今後の国際大会は15年に国際野球連盟主催のプレミア12が行われる。同大会に向け、加藤コミッショナーは「この秋には(人選を)考えないと。その頃には青写真を描かないといけない」とした。山本監督は「今後どういう形で関わるかは話を受けてから考えたい」と話した。

[ 2013年3月20日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月22日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム