ソフトBルーキー山中 12球団トップタイ3勝目

[ 2013年3月20日 06:00 ]

<D・ソ>DeNAに勝利し、ソフトバンク先発・山中(右)とハイタッチする秋山監督

オープン戦 ソフトバンク6―0DeNA

(3月19日 横浜)
 ソフトバンク・ドラフト6位のサブマリン・山中が先発し、6回を1安打無失点。

 12球団トップタイの3勝目を挙げ「腕は振れていたと思います。力は出せた」と振り返った。オープン戦で先発した3試合は計15回を2失点。安定した投球で開幕ローテーション入りが濃厚となった。ドラフト4位以下で入団した新人が開幕ローテーション入りするのは球団史上初。開幕2カード目の4月2日からの西武3連戦(西武ドーム)での先発が有力視される。

 ▼ソフトバンク・柳田(7回にオープン戦トップ独走の右越え6号ソロ)変化球をしっかりとうまく打てたのはよかった。(6本塁打は)多少は自信になります。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月20日のニュース