頭部陥没骨折の長谷川がオープン戦初出場 死球も…

[ 2013年3月20日 20:32 ]

9回2死、死球を受け一塁に向かうソフトバンク・長谷川

オープン戦 ソフトバンク0―2ロッテ

(3月20日 ヤフオクD)
 頭部陥没骨折で2月下旬に離脱したソフトバンクの長谷川が、初めてオープン戦に出場した。7回に代打で出場すると左飛、2打席目は死球だった。「(1打席目は)初打席というのもあって、力みがあった」と淡々と話した。

 不意の接触プレーなどに備え、クッション材を頭に巻いての出場が続きそう。開幕に向け、急ピッチで調整する左打者は「痛みはない。しっかり準備していきたい」と自らに言い聞かせた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年3月20日のニュース