青木 笑ってしまった 球審不在 塁審が判定「さすがに集中できなかった」

[ 2013年3月20日 09:06 ]

オープン戦 ブルワーズ6―1エンゼルス

(3月19日)
 ブルワーズの青木は19日、アリゾナ州メリーベールでのエンゼルスとのオープン戦に「1番・右翼」で出場し、3打数2安打だった。

 球審が初回の途中に負傷。なんと予備の審判も到着していなかったため、三塁塁審が投手の後ろに立ち投球を判定するという前代未聞の光景に「変な光景でした。捕手も笑っていたし、さすがに集中できなかった」と青木。それでも第1打席で二塁内野安打、3回にも中前打で2安打を放った。

 ユニホームのソックスを出す新スタイルでのマルチ安打に気を良くし「2本出たし、当分これでいってみようかなと思う」と笑顔がはじけた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年3月20日のニュース