大谷 初マルチ安打 守備でも好返球を見せる

[ 2013年3月20日 15:27 ]

オープン戦初の2安打を放った日本ハム・大谷

オープン戦 日本ハム8―8ヤクルト

(3月20日 神宮)
 日本ハム・大谷が「7番・右翼」でスタメン出場。3打数2安打で、オープン戦初のマルチ安打を記録した。

 ヤクルトの小川とルーキー対決となった第1打席は、変化球を空振り三振したが、第2打席は右前打となりオープン戦2本目の安打に。第3打席は、ヤクルトの2番手の赤川の甘めの球をとらえ、中前打を放った。

 3回には、森岡の右前打をワンバウンドで本塁へ好返球。捕手・近藤がボールをこぼしたものの、ディフェンスでもアピールした。6回で交代した大谷は21日の楽天戦(東京ドーム)で投手、野手の両方で出場する「二刀流デビュー」予定。期待が高まってきた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月20日のニュース