ムネリン「この命を燃やしに燃やしたい」 通訳なし、競争し烈

[ 2013年3月20日 06:00 ]

守備練習をするブルージェイズとマイナー契約を結んだ川崎

 ブルージェイズとマイナー契約を結んだ川崎が、フロリダ州で行われている3A選手主体のマイナーキャンプに合流した。約1カ月遅れのキャンプインにも気後れはなかった。新しい背番号は46。「僕が決められるわけがないでしょう。空き番号。青いユニホームは初めて。侍ブルーです」と笑った。

 メジャー契約とは違い通訳も付かない。それでも片言の英語とスペイン語を駆使してコミュニケーション。打撃練習では、マイナーで着用が義務づけられている両耳ヘルメットをラテン系の選手から借り「グラシアス(ありがとう)」とお礼。ナインの笑いを誘うなど、持ち前の明るさで早くも溶け込んだ。

 WBCドミニカ共和国代表のレイエスらがいるメジャーの内野陣の層は厚いが「この命を燃やしに燃やしたい」。そして、わずか35キロ先のタンパでキャンプを張る師と仰ぐイチロー(ヤンキース)とのメジャーでの再会を目標に「近くにいるのも凄くモチベーションになります。公式戦で会います」と決意表明した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年3月20日のニュース