西岡&福留 内海は“お得意様” ともに打率3割超え

[ 2013年2月26日 06:00 ]

侍ジャパン強化試合 日本―阪神

(2月26日 京セラドーム)
 侍ジャパン先発・内海の前に、阪神の西岡と福留の新加入コンビが立ちはだかる。

 西岡はロッテ時代、内海に対し13打数5安打で打率・385。さらに福留は中日時代に26打数11安打、打率・423と打ちまくった。阪神は昨季、内海に4試合25回2/3でわずか3得点しか奪えなかっただけに、和田監督は「各球団のエース級相手にどこまで対応できるか。現時点でのバロメーターにはなるよね」と対戦を楽しみにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月26日のニュース