上本は目の下切り、伊藤隼は首痛める 飛球を追い交錯

[ 2013年2月26日 23:16 ]

<阪神・日本代表>6回、坂本の飛球を追い、阪神の左翼手伊藤隼(左)と遊撃手上本が交錯
Photo By スポニチ

侍ジャパン強化試合 阪神1―0日本

(2月26日 京セラドーム)
 阪神の上本と伊藤隼が9回に坂本(巨人)の飛球を追って交錯し、途中交代した。2人とも試合後に病院へ向かった。

 交錯後、上本は起きあがることができず、担架で運ばれた。和田監督は「目の下が切れたみたい。心配だね」と話した。伊藤隼は首に違和感を訴えているという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年2月26日のニュース