楽天 則本 手応えも「まだ二流なので」

[ 2013年1月22日 17:12 ]

 楽天のドラフト2位ルーキーの則本(三重中京大)が22日、Kスタ宮城の室内練習場にあるブルペンで、捕手を立たせて約30球を投げ込んだ。最後の3球は捕手を座らせ、力感のないフォームから力強い球筋を見せて「この前ブルペンに入った時より質のいい球が多かった」とうなずいた。

 最速154キロの本格派右腕。変化の違う数種類のスライダーを操る。「真っすぐだけじゃ通用しない。直球、変化球、どの球もまだ二流なので一流にしたい」と課題を挙げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月22日のニュース