野上 今季初の投球練習、入念40球「順調に来ています」

[ 2013年1月22日 19:06 ]

キャッチボールをする西武の野上

 西武の野上が22日、埼玉県所沢市の西武第二球場で今季初の投球練習を行った。腕を振る角度やステップを入念に確認しながら、捕手を立たせて30球、座らせた状態で10球を投げ込んだ。「(肩は)まだまだですけど、順調に来ています」とうなずいた。

 昨季は8勝(5敗)と大きく飛躍を遂げ、5年目の今季も先発候補として期待されている。「キャンプで勝ち残れないと、開幕に残れない。その競争に勝てるようにしたい」と気を引き締めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年1月22日のニュース