東浜 外角低めにビシッ!“本気”6球を捕手絶賛

[ 2013年1月22日 06:00 ]

投内連係を行うソフトバンクドラフト1位・東浜

 ソフトバンク・ドラフト1位の東浜(亜大)が福岡市の西戸崎室内練習場での新人合同自主トレで連日のブルペン入り。32球を投げ、最後の6球は今年初めて捕手を座らせて外角低めに投じた。

 投球はビデオで撮影してもらい「何球か、いい球もあったが、割合はまだ半々。もうちょっと下(下半身)を使えたら。踏み込んだ時に(体の)開きが早い」と課題を口にした。受けた育成ドラフト1位の八木(BCリーグ・群馬)は「球持ちが凄いし、ボールに切れもある」と絶賛した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月22日のニュース