ダルが今季エースの声「昨季終盤8試合で証明した」

[ 2013年1月22日 06:00 ]

米国から一時帰国したレンジャーズ・ダルビッシュ

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)は20日(日本時間21日)、今季のレンジャーズのエースにダルビッシュ有投手(26)を挙げた。「12年の最後の8試合は、13年の球団トップピッチャーがダルビッシュであることを証明した」と報じた。

 ダルビッシュは昨年8月12日のタイガース戦からレギュラーシーズン最終登板までの8試合で5勝1敗、防御率2・35を記録。タイガース戦はグレグ・マダックスGM特別補佐からの助言で、セットポジションの際にあらかじめ右膝を折って立つなど、初動から軸足に体重を乗せるフォームに修正。それまでの1試合平均3・5四球から1・8四球と劇的に改善するきっかけをつかんでおり、記事でも「試合終盤まで投げ、常にチームに勝つチャンスを与えた。すなわち、エースのようだった」と評価した。

 ダルビッシュはこの日、自主トレ先のロサンゼルスから一時帰国。今後は東京都内でイベント出席などをこなし、2月13日(同14日)のキャンプインに向けて再渡米する予定だ。11日の球団イベントでは「オフの準備は(昨年よりも)いい」と語っており、エースの座へ向け、着々と進化を続けている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月22日のニュース