ソフトバンク新外人のピント 初ブルペンで33球

[ 2012年2月6日 17:19 ]

  ソフトバンク新外国人投手のピントが初めてブルペンでの投球を行った。捕手を座らせて直球に変化球も交えて33球。審判にも立ってもらいストライクゾーンの確認もした。「6、7割ぐらいの強さで投げた。制球もだんだん良くなってきた」とまずまずの手応えを得たようだった。

 米大リーグでは中継ぎ投手として計244試合に登板した左腕は、日本では先発志望。「(中継ぎと)練習の仕方も変えている。貢献したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月6日のニュース