捕手での開幕出場絶望的…城島、志願の外野守備練習

[ 2012年2月6日 06:00 ]

関川コーチ(後方左)、和田監督(同右)の脇で外野ノックを受ける阪神・城島

 阪神・城島が第1クール最終日に、外野の守備練習を開始した。

 打撃練習中に、真新しい外野手用グラブを手にした背番号2が向かった先は中堅。その後は左翼にも回って約30分間、打球を追った。「捕手と違う“感覚を”という意味。センターが一番見えやすいので」と練習の一環と説明したが、関川外野守備走塁コーチは「本人が(外野を)やりたいということだった。センスはある」と一定の評価を下していた。

 左膝手術と右肘痛からの復活を期す今季は捕手としての開幕出場は絶望的で、既に一塁での守備練習も始めている。和田監督は外野での起用には消極的ながら「本人も捕手以外での可能性を探っているのだろう」と復活への気迫は感じ取っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月6日のニュース