グライ 初ブルペンで上々試運転「感覚は良かった」

[ 2012年2月6日 06:00 ]

 ロッテの新外国人グライシンガーが今キャンプ初のブルペン入り。直球主体にチェンジアップを交えて33球を投じた。

 昨年11月以来のブルペンとなった右腕は「リリースの感覚と、制球を確認したかった。感覚は良かった」とうなずいた。昨季は外国人先発投手の勝ち星が計4勝にとどまった。ローテーションの柱と期待する西村監督は「日本で実績がある投手。調整を急がせるつもりはない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月6日のニュース