沢村 初のフリー打撃登板は直球のみ「テンポよく」

[ 2012年2月6日 06:00 ]

ボウカーに打球を外野に運ばれる巨人・沢村(左)

 巨人の沢村が初のフリー打撃登板で直球だけを52球投げた。制球を乱す場面もあったが、藤村には27球で安打性は2本だけ。ボウカーにも柵越えは許さなかった。

 今キャンプ2度のブルペン投球後は納得のいかない表情だったが「5割、6割の球でバランス良く、をテーマにした。打者がいた方がイメージしやすい。テンポよく放れたのでもっと上げていきたい」。川口投手総合コーチは「打者が立った方が投げやすいタイプ。中3、4日あけてのフリー登板になると思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月6日のニュース