マジです!ヤク・田中 二遊間連係向上にシンクロトレ

[ 2012年2月6日 06:00 ]

守備練習に励むヤクルトの田中(左)と山田

 キャンプ中に磨くのは技術だけではない。阿吽(あうん)の呼吸。守備陣、そして二遊間の連係向上を目指すヤクルト・田中が、「シンクロナイズドスイミング」を練習に取り入れたい意向を示した。

 「まさに息を合わせると言う意味で、一つの方法だと思うんです。やる時は専門家にも相談したい。(浦添の球場横の)体育館の下のプールでね」。目標は中日の「アライバ」。荒木、井端の二遊間は球界を代表する名コンビだ。田中は、同様の関係をグラウンド以外でも築くつもりでいる。プールで水に潜って10秒数えて顔を出した時、相手も同時に顔を出しているか?リズミカルな曲で、シンクロのペアのように動けるか?併殺時の連係、グラブトスの瞬間…。「シンクロ率」が上がれば、それは必ずプレーにも生きるはずだ。

 この日も守備練習で積極的に声を出して若手を鼓舞した田中。「(二遊間に)若いヤツが多い。荒木とか山田とか。息を合わせるためにいろんなことをやらないと」。水の妖精のような二遊間コンビが神宮で目撃できる日も近い?

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月6日のニュース