昨季の故障を糧に…村中 今キャンプはスロー調整

[ 2012年2月6日 06:00 ]

 ヤクルトの村中が今キャンプ初のブルペン入り。捕手を立たせたまま47球を投げた。

 「4、5割の力です。力が入らないように意識した。シーズンもできるだけ力が入らないように投げたい」。昨季は腰や右脇腹の故障で4勝(6敗)止まり。「去年はハイペースでつくって良くなかった」と、今キャンプはスロー調整を続ける。荒木投手コーチは「無理はさせないようにしている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月6日のニュース